最低限のマナーを勉強

>

意外と知らないマナーが多い

喪服を着て行こう

お葬式では、喪服を着るのが当たり前のマナーです。
しかし通夜は急に呼ばれるので、喪服を着られないかもしれません。
その場合は平服でも構いませんが、Tシャツにジーンズなどカジュアルすぎる服は避けてください。
ジャケットや、襟付きのシャツなら問題ありません。

女性はアクセサリーを身に付ける人が多いですが、パール以外はふさわしくありません。
また装飾が多すぎないよう、パールのネックレスだけにすると良いでしょう。
結婚指輪は、したままでも大丈夫です。
さらに髪の毛の長い女性は、結んでおくことをおすすめします。
必ず結ばなければいけないという決まりはありませんが、お葬式では礼をするシーンが多くあり、結ばないままでは邪魔になります。

目立ちすぎない服装を意識

あくまでも結婚式の主役は、結婚する新郎と新婦です。
その2人より目立たない服装で、参列することを心がけてください。
男性は、スーツを着用すれば問題ありません。
女性はドレスを選択しますが、色は紺色やグレー、ベージュといった地味な色がおすすめです。
黒いドレスは喪服を連想するので、避けた方が良いと言われます。
また白いドレスも、新婦のウエディングドレスと被るのでいけません。

ノースリーブのドレスもありますが、露出を控えるためにボレロやカーディガンを着用してください。
また女性は、スカート丈も確認しなければいけません。
短すぎる丈のスカートは避け、膝が隠れるぐらいの長さのドレスを選びましょう。
ですから、試着をしてから買ってください。


この記事をシェアする